このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車保険とは

自動車保険には自賠責保険と任意保険という2つの種類があります。
どちらも、万が一に備えるためのものですが、その中身には違いがあります。
まず、自賠責保険と任意保険では補償の範囲が異なります。
事故の相手に対する賠償は自賠責保険、任意保険どちらも対象となりますが、自分自身がケガをしたり、車が壊れたりした場合の補償については任意保険でしか対応できません。
つまり、自賠責保険だけでは、自分のケガや車に対する補償は受けられないのです。
また相手に対する補償についても、自賠責保険は死亡時でも最高3000万円しか補償されません。
交通死亡事故の場合、補償金が1億円を超えるようなケースも珍しくなく、相手の車や物を壊してしまった場合にも多くの負担が必要となります。
万一に備えるためには任意保険に入ることが必要となるのです。
そんなとても大切な任意保険ですが、加入する際には車の販売店にすすめられるまま、あまり内容を考えずに加入している人が多いのではないでしょうか。
また、一度保険に入ってしまうと補償内容を見直すということもなく、そのまま毎年更新し続けているという方が多いのではないでしょうか。
自動車保険は、文字通り自動車に関するトラブルに備えるための保険です。
自動車を運転している限り事故は避けられないものであると言えます。
今まで運よく無事故で過ごしていた人であっても、いつ自分が当事者になるかわかりません。
また、自分がどれだけ注意していても、事故に巻き込まれるということだってあるのです。
普段はあまり気にしたことのない自動車保険の内容ですが、補償内容には様々なものがあり、いざ事故を起こした時、事故に巻き込まれた時、どんなことが補償されるのかを把握しておくことはとても大切です。
そして、必要な内容が補償されていない場合には、特約を付加するなど契約内容の見直しをすることも大切です。
ほとんどの方は1年ごとに契約を更新していることでしょう。
次の更新が近づく前に、現在の補償内容を見て、それが自分にとって最適な内容になっているかをじっくりと検討してみましょう。
Copyright (C)2017いざという時何してくれる?自動車保険.All rights reserved.